住宅の危険にさらす白蟻はシロアリ駆除費用を調べて徹底対策をしよう

sp_main

新築住宅でも油断は禁物

新築住宅でも、シロアリ駆除が必要になるケースがあります。シロアリが潜んでいることで、安全であるはずの住宅が危険にさらされてしまう可能性もあります。ですから、早めに対策をしておくのが安心です。

シロアリ
依頼するタイミングはいつがいいですか?
まず、建築設計や施工を行なった建設業者の場合、シロアリ対策のための薬剤散布が費用に含まれていることがありますが、含まれていない場合は個人でシロアリ駆除駆除業者に依頼するといいでしょう。
シロアリ駆除が必要なのは中古住宅だけですか?
新築だからできるシロアリ対策もあります。設計の段階で、シロアリの侵入を防ぎ、住み着かないようにすることもできます。さらに、被害に遭った場合も想定して、駆除作業がしやすいように設計をすることも重要です。

シロアリ駆除費用を知るためにも無料調査を依頼する

シロアリの被害を最小限に食い止めることが、安全に生活するポイントです。被害の状況や規模を把握するためにも、無料調査を依頼しましょう。その結果に応じて駆除法を検討することが大切です。

無料調査の点検箇所

シロアリは湿気の多い場所を好みます。ですから、床下の湿度やカビが発生している場合は要注意です。浴室やキッチンなどの床下は、被害が多発している場所です。また、無料調査では打診チェックにより、木材内部の空洞を調べます。空洞音がして、柔らかくなっている場合は被害が進行しているかもしれません。ちなみに、蟻道を崩した際にシロアリが出てきたら、生息している証拠になります。

調査を行なった上で見積もりを取る

無料調査を行なったうえで、見積もりを取ることができます。しかし、被害状況や住宅の環境、床下の高さによって価格は異なるでしょう。また、行なう工事内容によっても金額は異なります。
現在は写真付きの調査報告書と見積書を提出しているシロアリ駆除業者も存在していますので、しっかりと家族で検討し、納得したうえで契約することができます。

シロアリ駆除業者に連絡するその前に

シロアリ駆除を行なう際に早期対策に最適なのが、羽アリ対策です。羽アリを発見した場合は、早急にシロアリ駆除業者に依頼したいものです。しかし、業者の選び方を失敗することもあるため、慎重に行ないましょう。ここでは

信頼できる業者選びのポイント

を紹介します。

作業員
ポイント①見積もりは複数社から取る
シロアリ駆除業者を実際に探すと、たくさんの業者があるため、複数の業者から見積もりを取ることが大切です。見積もりを取ることによって、比較し検討することができます。費用や使用する薬剤が違うため、見積もりを比較することで、安心して駆除を依頼できる業者を探すことができます。
ポイント②インターネットで情報を収集する
シロアリ駆除業者を探すときに、インターネットを利用する方は多くいるでしょう。ネットなら業者ごとの特徴を把握して、施工事例も確認でき、そのまま簡単に見積もりを取ることもできます。
ポイント③一括見積もりで比較をする
駆除にかかる費用を比較するために、複数の業者から見積もりを取る場合は、一括見積サイトを利用すると便利です。短時間で効率的にシロアリ駆除業者を見つけることができます。
TOPボタン